クレッシェンドについて

初めまして、クレッシェンドのリーダー川原ルイサです。

当サイトへ足をお運び頂き、ありがとうございます。
まず初めに、アフレコサークル「クレッシェンド」設立までの経緯をお話させて頂きたいと思います。
事の発端は私の一言でした。

    「レコスタ借りて台本作って本格的なアフレコをやってみたい!」

そう強く思い居ても立ってもいられなくなった私は、版権の作品を基に当時同じ養成所に通っていたメンバーを募って活動をスタートしました。
三部作にも及ぶ長いアフレコを終え、達成感を感じた私はもっと本格的にアフレコサークルとしての活動を考え始めました。
そして強い意志を持って私とアフレコサークルの活動をやっていきたいと言ってくれた素晴らしき先鋭達で立ち上げたのがこのアフレコサークル「クレッシェンド」です。

クレッシェンドとしての活動は2007年の春から始まり今日に至るまで正に切磋琢磨、様々な問題を抱えながらもその度にメンバー同士話し合って解決してきました。
そうしてなんとか活動も徐々に纏まりつつあり、本当に少しずつではありますがオリジナルの作品も増え、より多くの方々に聴いて頂きたいと思い当サイトを設立致しました。

活動方針と致しましてはとにかく型に納まらず短編から長編、コメディからシリアスまで様々なキャラクターを演じ台本をこなして行きたいと考えております。 サイトにアップした作品達は一つ一つに愛情がたくさん篭められています。
台本を書く者、難しい台詞を練習する者、SEやBGMを選定する者…。
仕事や学校に追われ齷齪する身でありながらメンバー達はそれぞれなんとか時間を作って作品造りをしています。
そこには作品を通して伝えたいこと、表現したいこと、色とりどりのメンバーの声と言う名の「思い」が詰まっております。
まだまだ未熟者の私達ではございますが、この活動を通じて少しでも多くの皆様に私達の「声」を感じて頂ければ幸いです。

堅苦しいご挨拶となってしまいましたが、これから少しずつ成長し進歩していく私達「クレッシェンド」を末永くよろしくお願い致します。